YOKOHAMA HPV PROJECT〜横浜から、神奈川から、日本の子宮頸がん予防を変える〜

知って欲しいHPVと子宮頸がん予防

最新学術情報

thumbnail
2021.3.2
HPVワクチン情報(国外)
【海外9価HPVワクチン特集論文(2)】フランスにおける9価HPVワクチンによる潜在的な疾患発生抑制効果

Didier R, 他. Potential Impact of a Nonavalent HPV Vaccine on the Occurrence of HPV-related Diseases in France. BMC Public Health 2015; 15: 453.

9価HPVワクチンにより潜在的に90%の浸潤がん・高度扁平上皮内病変・外陰疣贅・肛門がんの発生が抑制される可能性がある

フランスにおける9価HPVワクチンによる疾患発生抑制効果を予測

要旨
ポイント

多種のHPV関連疾患より検出されるHPVサブタイプを解析して、9価HPVワクチンによる疾患発生抑制効果を予測した。9価(6/11/16/18/31/33/45/52/58)HPVワクチンは4価(6/11/16/18型)ワクチンと比べ、浸潤がん・HSIL・LSILに対する潜在的な効果を有意に増加させることが推計された。

補足

前のページに戻る 
ページのトップへ戻る