YOKOHAMA HPV PROJECT〜横浜から、神奈川から、日本の子宮頸がん予防を変える〜

知って欲しいHPVと子宮頸がん予防

最新学術情報

thumbnail
2019.7.23
HPVワクチン情報(国外)
12-13歳で2価HPVワクチン接種を受けた集団の20歳での子宮頸部病変の有病率に関する後ろ向き研究

Palmer T, et al. Prevalence of cervical disease at age 20 after immunization with bivalent HPV vaccine at age 12-13 in Scotland: retrospective population study. BMJ 2019; 365: 1161. doi: https://doi.org/10.1136/bmj.l1161

理想的なHPVワクチン接種を受けた世代で上皮内病変が激減

12-13歳で受けたほうがより効果的であること、集団免疫効果も証明

要旨

学術情報一覧へ戻る 
ページのトップへ戻る