YOKOHAMA HPV PROJECT〜横浜から、神奈川から、日本の子宮頸がん予防を変える〜

知って欲しいHPVと子宮頸がん予防

最新学術情報

thumbnail
2018.1.24
HPVワクチン情報(国外)
ワクチン接種はHPVの関連する浸潤がんを予防する

フィンランドの研究で、HPVワクチンを接種した女性ではHPV感染に関連した子宮頸がんや外陰がんなどの浸潤がんは発症していなかった

HPVワクチン接種がHPVの関連する浸潤がんを予防することが明らかに

出典:Luostarinen T, Apter D,ら. International Journal of Cancer 2017; doi: 10.1002/ijc.31231.

要旨
ポイント

HPVワクチン接種開始より10年以上の年月を経て、ワクチン接種がHPVの関連したがんの発生率を有意に低下させることが明らかになった。

学術情報一覧へ戻る 
ページのトップへ戻る