YOKOHAMA HPV PROJECT〜横浜から、神奈川から、日本の子宮頸がん予防を変える〜

知って欲しいHPVと子宮頸がん予防

最新学術情報

thumbnail
2020.4.16
HPVワクチン情報(国内)
日本での子宮頸部高度扁平上皮内病変以上(HSIL+)に対するHPVワクチン接種の効果

Konno R, Konishi H, Sauvaget C, Ohashi Y, Kakizoe T. Effectiveness of HPV vaccination against high grade cervical lesions in Japan. Vaccine 2018; 36: 7913-7915.

ワクチン接種を受けた女性は子宮頸部高度扁平上皮内病変が減少

HPVワクチンの効果が検診後の病理生検で科学的に証明された

(訳注:子宮頸部高度扁平上皮内病変HSILという用語は従来、細胞診(ベセスダ分類)に用いられてきたが、2014年WHO病理分類以降、病理診断にも用いられている)

要旨
ポイント

学術情報一覧へ戻る 
ページのトップへ戻る