YOKOHAMA HPV PROJECT〜横浜から、神奈川から、日本の子宮頸がん予防を変える〜

知って欲しいHPVと子宮頸がん予防

最新学術情報

thumbnail
2019.1.31
HPVワクチン情報(国内)
約3000人の日本人男女に行った大規模アンケート調査で明らかになった事実

Suzuki Y, et al. Current knowledge of and attitudes toward HPV-related disease prevention among Japanese: A large-scale questionnaire study. The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research 2019. (doi:10.1111/jog.13929)

一般男性は一般女性に比べヒトパピローマウイルス(HPV)や子宮頸がんに関する知識が低く、予防意識も明らかに不足している!

男性はHPVやその予防についてもっと知る必要がある。

 

Q4  子宮頸がん検診では、がんとがんになる前の状態(前がん病変)を発見することができる(正解:はい)
Q5  性交渉の経験があっても、20歳代であれば子宮頸がん検診の必要はない(正解:いいえ)
Q7  性経験が、がんを引き起こすリスクのある発がん性のHPVの感染に関係している(正解:はい)
Q11  現在、日本ではHPVワクチン接種の公費助成はまったく受けられない(正解:いいえ)

 

医療者:医師、看護師、助産師、薬剤師、臨床検査技師、他の医療従事者、医学部生、看護学校生、その他の医療系学生

 

医療者:医師、看護師、助産師、薬剤師、臨床検査技師、他の医療従事者、医学部生、看護学校生、その他の医療系学生

 

要約
ポイント
学術情報一覧へ戻る 
ページのトップへ戻る